誕生日

  • 2019年10月24日

先日、誕生日を迎えました。
前日に「あ、明日は誕生日だ」と気付きます。
そして誕生日ぐらいは仕事の予定を入れずに、のんびり過ごそうと計画していたのに、結局、そうはならなかったことを思い出す。

で、誕生日の朝になると、すっかりそのことを忘れている。
いつものような朝ごはんを食べて、いつものルーティンを済ませてパソコンの前に。
メールを受信すると、タイトルにずらっと並ぶ「お誕生日おめでとうございます」の文字。
「あ、今日は誕生日だった」とまた改めて思い出す。
以前なにかを購入したネットショップで、誕生日を入力させられたんでしょう。
こうしたメールには大抵、私の誕生日を祝って特別なクーポン券などが付いている。
今、特に欲しい物はないものの、急にその気になるかもしれないので、メールは削除せずにフォルダに残しておく。

誕生日が来るのが嫌だったのは30代の半ばまででした。
誕生日が近付くと、あー、また1年経ってしまったと思い、なんにもなかった1年だったと憂いたものでした。
焦りのような、不安のような、そういうものがピークになるのが、誕生日でもありました。
だから祝うなんて気持ちには到底なれませんでした。

それが30代の半ばを過ぎた頃から、徐々に変わっていきました。
1年大きな病気もせずに過ごせたことに感謝するように。

そして50代に入ると、その感謝の気持ちは更に強くなりました。
誕生日をつい忘れがちになっている一方で、思い出した時には、なんとか無事に暮らせているのは、有り難いことだなぁとしみじみします。

そしてこれから先のことをあれこれ考えてみます。
10年後。
私はどうしているでしょうか。
まったく想像が出来ません。

想像出来ない、あるいはしたくないといった50代は、多いのではないでしょうか。
またふと立ち止まり、これまでのことを振り返り、これから先のことを思って・・・途方に暮れるなんて感覚を味わったことのある人も、多いように思います。

新作「たそがれダンサーズ」では、そんな50代のおじさんたちがたくさん登場します。
若い頃に描いていた未来像と、現実の差が身に染みる50代。
彼らが社交ダンスと出合い、それまでとは違う種類の人生の楽しみ方を知っていきます。
同世代の方たちも、違う世代の方たちも、この小説の中で頑張るおじさんたちを、応援していただけたら嬉しいです。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.