副業

  • 2019年11月14日

自治体が兼業や副業で働いてくれる民間人を、求めているそうです。
民間で現役として働く人たちのスキルや発想を、自治体が取り入れたいとの考えがあるようです。

働く方も転職ってことになると、そこに住まいを移さなくてはいけないのかとか、子どもの学校をどうするとか、色々な問題が浮上してしまいますが、兼業や副業であれば、比較的気軽に始められそうですよね。

様々な経験とスキルを持った人たちが交じり合うと、それまでにはなかった発想が生まれることもあるでしょう。
そこで新しいものが生まれる可能性がありますね。

ただ本業があって、兼業や副業してって、ちょっと働き過ぎじゃない?
世の中は今、働き方改革が主流のようよ。
と、耳打ちしたくなる。

知り合いの中にも、会社員として週に5日働き、週末の2日は別のバイトをしているという人がいます。
このスタイルだと休日がない。
そのA男に「休まなくて、疲れない?」と尋ねると、「肉体労働をしている訳じゃないから、大丈夫」と答えます。
休みといってもどうせ家でゴロゴロしているだけだから、仕事があった方がちゃんと起きてバイト先に向かうので、むしろ健康的だと豪語します。

B子の場合は平日に会社を17時に退社した後、18時から別のバイトを週に3日しています。
理由を尋ねると「暇だから」。
17時に会社を出ると18時頃に家に着く。
夕食を食べ終わるのが19時頃。
そこからが長いと言います。
その暇な時間をSNSで潰すのにも飽きたそうで、それよりは小銭を稼いだ方がいいと思ったとか。
会社員として17時まで働いた後に、18時から3時間のバイトをしています。

時間の使い方って、人それぞれだなぁとつくづく思います。
与えられた時間は1日24時間。
それをどう使うかというのは、どう生きたいのか、どうなりたいのか、なにが欲しいのか・・・そうした考え方によってまったく違ってきますね。

そういう私はどうなのかと考えてみれば・・・丸々一日の休みというのは、15年ぐらい取っていないかもしれません。
新作を書き上げた後には1週間の休みを取るつもりでいるのですが、大抵あれやこれやと仕事が入ってきて、気が付くと「あ、1週間が終わってしまった」といった状態に。
それじゃこんな状態が嫌なのかといえば、そうではなく、お仕事をくださって有り難うございますといった気持ちが強いので、感謝しながら毎日をバタバタと過ごしています。
だから休みがなくても全然不満ではないのです。

どう働くのか。
どれくらい働くのか。
人それぞれですね。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.