気持ちの立て直し方

  • 2020年02月03日

辛い目に遭う。
哀しい出来事に襲われる。
そんな経験があります。
しばしばとまでは言いませんが、そこそこ経験があります。

こうした状態から、どうやって気持ちを立て直してきたのかと考えてみると・・・時間だったなと思います。
これをしたから傷が癒えたとか、心が軽くなったといった秘訣のようなものはなく、ただ毎日を過ごしているうちに、徐々に、でも確実に回復に向かっていくのです。

A子は最近、哀しい経験をしました。
深く心が傷ついたそうです。
この痛みをどうしたらいいのかと考えたとのこと。
飲んだくれるか、旅に出るか、友に愚痴るか、買物をしまくるか、或いはホストクラブで金を使いまくるか、思い付く限りの憂さ晴らしを検討してみたそうです。
でもどれも違う気がしたといいます。

結局、A子はパチンコ店に行くことにしたんだとか。
1日のほとんどを盤面を見て過ごしてみたそうです。
煩くて、目がチカチカして、不快なはずなのに、気が付けば心が無の状態になっている。
そして5日目に「もういいわ」と思ったそうで、気持ちが切り替わっているのを自覚したそうです。
気持ちの立て直し方は人それぞれですね。
本来の朗らかなA子に戻った姿を見てほっとしましたし、パチンコって凄いわと思いました。

他の皆はどうしているのかと聞きまわってみると・・・B子は鉄塔を見に行くと言い、C子は海外のテレビドラマを見続けると言いました。
D男はキャバクラに行き、E男はふて寝するとのことでした。
そんな中F子が本を読みまくると答えました。
待ってました、その答え。
「どんな本を?」と尋ねると、なんでもいいそうなのですが、極力そのような事態になった原因とはかけ離れたテーマの本を、読むようにしているとのこと。
時代物や海外小説、SFなんかがいいと言います。
また哲学書のようなものも結構イケるそうです。
チンプンカンプンながらも文字を目で追っているうちに、1ページぐらいで眠くなってくれるので、簡単に夢の中に逃避出来るんだとか。
これは眠れない時にも使えるアイデアですね。

皆に色々聞いて思ったのは・・・辛い目に遭ってないなんて人はいないってこと。
誰しも辛い目に遭うし、哀しい出来事に遭遇します。
だから今もしなにかで傷付き、心が塞いでしまっている人も、あなただけじゃないって点に目を向けてみてください。
すべての人がそうした経験をして、でも歩き続けています。
笑顔で前に進める日は必ずきます。
だから今は苦しくても、その痛みが薄まる日がくるのを待ちましょう。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.