新型肺炎

  • 2020年02月06日

新型肺炎が猛威を振るっていますね。
ニュースなどで感染者数が物凄い勢いで増えていくのを見聞きする度に、その感染力の強さに驚きます。

対策としては風邪やインフルエンザの時と同じで、うがい、手洗い、マスクが大事なようです。
そうしたニュースを「へぇ、そうなのかぁ」とのんびり見ていた私。
次の考えに辿り着けない。

私は毎晩マスクをして寝ています。
年中鼻詰まりなため呼吸が苦しくなり、口を開けて寝てしまうことが多く、そうすると喉がカラカラになって、炎症を起こすという悪循環に陥り易いので、これを避けるためにマスクが必要なのです。
在庫がなくなりそうになったので、いつものネットショップを検索したら・・・ない。
あっ。
もしかして。
皆が買い溜めしてるから?
やばいぞ。
焦る心を抑えつつネット検索をし続けるも、どこも売り切れ。
完全に出遅れてしまったようです。

2011年の震災は金曜日でした。
私がスーパーに買い物に行ったのは日曜日。
食材が手に入らなくなるかもしれないなんて、ほんのちょっとも考えが及ばなかった故の出遅れです。
そこで大きく反省したはずなのに、今回も同じことを繰り返してしまいました。
教訓を全く生かせていない自分にがっかりです。

更にがっかりなのは、先日大量にマスクを捨ててしまったこと。
我が家には随分昔に買ったマスクが大量にありました。
それは普通のマスク。
敏感肌の私はそれをすると顔がむずがゆくなってしまい、別のメーカーのものに変更したため、クローゼットの中に長いこと眠っていました。
いい加減処分しなきゃと重い腰を上げて、まずはメルカリに出品。
ところが売れない。
付けた価格が悪かったのか、2週間経っても売れませんでした。
そこで出品を中止して、マスクを燃えるゴミの日に出してしまいました。
何年もクローゼットの中に放置していた癖に、よりによってこんな事態になる直前に廃棄してしまったなんて。
顔がむずがゆくなろうと、ないよりはましです。
勿体ないことをしてしまいました。

そしてこの経験が「いつ必要になるかわからないから、取っておこう」との気持ちを強くしてしまいそうで不安になります。
それじゃなくても整理整頓が苦手なのに「マスクの時のようになるのは嫌だから、取っておこう」との言い訳が出来てしまい、狭い部屋が益々モノで溢れる状態になってしまいそう。

今はこの新型肺炎が一刻も早く収束するよう祈るばかりです。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.