車の運転

  • 2020年02月13日

自動車の運転を最後にしたのはいつだったのか。
ちょっと思い出せない。
それぐらい運転をしていません。
もはや運転出来る気が全然しない。
高齢者による交通事故のニュースを見聞きする度、他人事じゃないと思います。
そう思うと益々ハンドルを握ろうとの気持ちにはならない。
都内で暮らしていると電車とタクシーで大抵の所には行けるので、車を運転しなくても日常生活に支障がないことも、運転から遠ざかる理由でしょうか。

ほとんどの時間を自宅兼仕事場で過ごす私は、買い物もネットで済ませます。
このような生活をするのであれば、なにも家賃の高い都内に住む必要はないのではとの考えが浮かびます。
そこで地方の家賃はどんなもんなのかとネットで調べてみると・・・安い。
やはり東京よりリーズナブル。
引っ越そうか。
と、本気で考え始めた時に頭に浮かんだのは車のこと。
都内であれば電車が網の目のように張り巡らされていて、乗り継げば、どこにでも簡単に行けますが、地方ではそうはいかなさそう。
恐らく車がないと日常生活に支障をきたすでしょう。

昔、ライター時代に地方の観光地で取材を終えた私が、その日泊まる予定のホテルまでの行き方を、取材先の方に聞いたところ・・・「車しか方法はない」と言われてしまいました。
「電車は?」と尋ねると、「もう終わった」と言われて、時計を見ると午後6時。
私は呆然として「もう終わった・・・」と繰り返すしかありませんでした。
「バスはどうですか?」と思い付いた別の手段を口にすると、「もう終わった」と同じ回答が。
その町は午後5時で活動を止めてしまうと知り、立ち尽くした苦い思い出が。
結局、カメラマンに拝み倒してホテルまで送って貰い、事なきを得ました。
一番のとばっちりはそのカメラマンで、私が行きたいホテルまで、車を運転させられる羽目に。
でも彼が泊まる予定のホテルは反対方向にあったので、3時間ぐらい余計な労力を使わせてしまいました。
このように地方では観光地といえども、車がなければ話にならないのです。
元々運転が下手だったのに、判断力も鈍っているであろう私が、車を自在に操れる訳もなく、地方で暮らすとの考えは消え去りました。

自動運転機能は大分進んでいる様子。
駐車スペースにすんなりと車を入れられたり、ブレーキとアクセルを踏み間違えても、ストップしてくれたり、といった機能の車のCMを初めて見た時・・・「嘘だぁ」と思いました。
その後、他のメーカーからも様々なアシスト機能が発表されるのを見るうち、どうやら世の中は凄いことになっているようだぞと、認識するに至りました。

もうなにもしなくても、運転席に座って目的地を入力するなり、命令しさえすればいい世界も近いのでしょうかね。
アクセルやブレーキだけでなく、ハンドルさえも握ることなく、ただ座っていればいいのであれば・・・そうなったら地方で暮らすことを、再検討しようかと思います。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.