拭き掃除を

  • 2020年02月20日

最近、掃除を丁寧にするようになりました。
私は年中鼻詰まりで慢性副鼻腔炎です。
医者から貰った薬を飲めばその間は改善しますが、薬が切れれば元の木阿弥。
抗生物質を一生飲み続ける覚悟を決めるか、諦めるかの2択。
諦めるの方を選択して、なんだかなぁと思い続けて幾年月。

昨年は呼吸器内科やら耳鼻咽喉科を回り続ける羽目に陥り、諦めている場合じゃないと一念発起しました。
何故一年中鼻の奥が炎症を起こしているのかと考えてみれば、恐らくアレルギー反応を起こしているからでしょう。
ハウスダストとダニに対してアレルギーがあり、そうしたものが呼吸時に鼻の奥に付着して炎症するのであれば、そのにっくき敵どもを自宅から減らすしかない。
ゼロには出来ないでしょうが、少なくすれば炎症は酷くはならないかも・・・といった希望を胸に、掃除をちゃんとやろうと決意。

そこで毎日拭き掃除をすることに。
拭き掃除といっても床に這いつくばって雑巾で・・・といった大変なものにしてしまうと、3日と続かないだろうと己の性格を配慮して、スティックの先に床用のウエットシートを取り付けるという、いたって簡単な方法を選択しました。
スティックを持って床を擦りながら部屋を一周して、はい終わり。
こんなことで長年の悩みが解決するとは思えなくても、やらないよりはいいんじゃないかと自分を説得して、毎日擦っています。

これ以外の週に1、2回の掃除の際も、それまでより時間を掛けるようにしました。
意識して掃除機をゆっくり動かすようにしています。
またメンドーがらずに物を動かして、その背後の埃を取るようにも。

で、結果は? といえば・・・鼻すっきりとはいきません。
そんなに世の中甘くない。
ただ酷い状態にはなっていないので、私の行動が間違っている訳ではなさそう。
これでよしとして毎日の拭き掃除と、丁寧な掃除を続けていった方がいいのでしょう。

ネットで検索してみたら、ハウスダストに対するアレルギーがある人は、週に1度はエアコンのフィルター掃除をするべきと書かれたページがありました。
週に1度・・・大変です。
鼻詰まりのしんどさと、メンドー臭さを競わせたところ・・・メンドー臭さの方が勝利。
ここなのかなぁ。
鼻詰まりが良くならない原因って。
まずは性格を治した方がいいのかもしれません。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.