「ジ・アメリカンズ」

  • 2020年02月27日

今日は最近ハマっているテレビドラマの紹介を。

「ジ・アメリカンズ」にハマりました。
ご存知でしょうか?
時は1980年代。
ソ連のスパイがアメリカで生活をしながら、本国からの指示を受けて様々な活動をするお話です。
この工作員が夫婦というのがミソ。
国からの指示で夫婦としてアメリカに来ましたが、元々恋人同士だった訳じゃない。
あくまでも命令で夫婦として暮らす。
この夫婦には2人の子どもが誕生。
好きで一緒になった訳じゃないけれど、見知らぬ国で偽りながら暮らす長い年月。
その積み重ねた月日が夫婦の間に絆のようなものを育ませる。
でも気持ちのすれ違いも起こる。
複雑な事情を抱えながらの夫婦の物語でありながら、家族の物語でもあります。
そこにスパイとしての仕事も描かれていくので、ドキドキ感がいいアクセントとなっています。
情報を取るために変装したり、殺したり、殺されそうになったりする。
このオーソドックスなテーマと、ドキドキ感のバランスがとてもいい。
すっかり夢中になっているドラマです。

「プリズン・ブレイク」もお気に入りのドラマです。
利用しているDVDの宅配レンタルサービスのサイトを見ていたら、どうもこのドラマが人気になっているっぽい。
どれどれとドラマの説明文を読んでみたら・・・刑務所からの脱獄を云々とあって、急激に関心を失いスルー。
それからしばらくして、またDVDレンタルサービスのサイトをチェックしていたら、このドラマがピックアップされているのを発見。
そこまで推しならばと借りてみることに。
そうしたら。
面白いのなんのって。
てっきり凶暴な野郎たちが、弱い受刑者をいたぶるような暴力シーンばっかりか、どっちが犯罪者だからわからんぐらいの、悪い刑務官がいたりするドラマだと想像していました。
そういうシーンもなくはないのですが、趣きは全然違っていました。
死刑囚となって収監されている兄を救うために、弟はわざと罪を犯して同じ刑務所に。
この弟は綿密な脱獄計画をもって兄と再会します。
でも計画通りにはいかない。
ハプニングは起こるしトラブルにも遭う。
そうしたハラハラ感が常にありながらも、刑務所内の人間関係も描かれていくのが特徴。
また受刑者たちそれぞれの人生も描かれていくので、ドラマとしての厚みもあります。
このドラマも見応えがあってお勧めです。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.