オリンピックの延期

  • 2020年03月26日

オリンピックが1年延期されるとのニュースを聞いた時・・・やっぱり、そうなったかぁと思いました。
すでに新型コロナウイルスの感染は、日本だけの問題ではなくなっていて、世界の問題となっていることを考えると、致し方無いのかなぁと思います。
なにせオリンピックに出場する選手を決める選考会を、開けない状態ですからね。

すでに内定を貰っていた選手たちは、このニュースをどんな思いで聞いたでしょうか。
努力を続けてやっと摑んだであろう出場の内定。
それなのに開催が1年後となったら、仕切り直しとなって、また選考会で熾烈な争いをしなくてはいけないかも。
最高のコンディションが今夏になるよう練習をしていたはずで、それを1年後にずらすのが簡単なようには思えません。
気の毒でしょうがありません。

一方で国内の選考で敗れ、オリンピックへの出場権を獲得出来なかった選手は、これをチャンスと捉えているのでは。
一度は諦めたオリンピック出場に、もしかしたら再チャレンジ出来るかもしれないのですから。

誰かにとってラッキーなことは、誰かにとってはアンラッキー。
運というのはとても過酷で、またドラマチックな演出をします。

1年後の夏までに開催されるそうですが、時期はいったいいつになるのか、会場は変更になるのか、チケットはどうなるのか・・・心配なことはたくさんありますね。

なんといっても新型コロナウイルスがいつ収束するのか、先が見えなくて不安になります。
トイレットペーパーを入手出来なくて、最終的には新聞紙の利用も、視野に入れざるを得ない状態まで追い込まれていましたが、ネットで購入することに成功し事なきを得ました。
なんとかなりはしましたが、一体この不便な生活はいつまで続くのか。
発表される感染者の数は減らないなか、他国のように、突然街を閉鎖といった状態になるのか予断は許されないようでもあり、心配になってしまいます。

医療現場、介護現場といったところだけでなく、様々なところで奮闘されている方々がいらっしゃることでしょう。
一刻も早くワクチンや薬などが開発されますように。
また罹患している方たちが治癒しますように。
と、祈った後は。
あーだこーだ言ってもしょうがない。
オリンピックが中止にならなくて良かったと考えて、不自由な生活も楽しめるような大人になって、この危機を乗り越えていきましょう。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.