皮膚科へ

  • 2020年03月30日

皮膚科クリニックへ行きました。
久しぶりの外出でした。
正直、皮膚科クリニックへ行くかどうか結構迷いました。
コロナ感染を疑うような症状はありません。
全く違う種類の症状に悩まされてしまったのです。

私が行こうとしている病院は、皮膚科だけでなく内科や整形外科、肛門外科などの看板を掲げる、不思議な取り合わせの診察をするところ。
ドクターはたった1人。
私は皮膚科の診察を望んでいますが、患者さんは他の様々な症状を抱えていることでしょう。
そこで頭に浮かんでしまうのは「院内感染」の4文字。
健康で病院に行って、なにか病気をうつされて帰って来るといった羽目にならないとは言い切れない。

我慢しようかとも思いました。
しかし東京が最悪の場合となった時でも、皮膚科クリニックは開いているでしょうか。
もしクローズされてしまうと、この痛痒さが今以上になった時、耐えるしかなくなってしまいます。
緊急性は低い。
でも今行かないともっと酷いことになった時に、地獄を見る気がする・・・と、あれこれ迷った末に行くことにしました。

診察後に処方箋を持って薬局へ。
すると、すっからかんの棚に目を奪われる。
そのお店は処方箋による商売がメインと思われます。
日用品がたくさん並ぶようなタイプの、ドラッグストアではありません。
いつもは一応壁に棚を置いて、そこに一応商品を並べておきますといった体でした。
消費期限があるようなものは、チェックしてからじゃないと、恐ろしくて買えないと思えるぐらい、商品が回転してなさそうな雰囲気。
そんなお店の棚が空っぽに。

残っている値札を見てみたら・・・除菌関係のものだけでなく、のど飴や湿布シートなど、コロナ感染とはちょっと遠そうなものまで、根こそぎ買われていました。
皆さんの買い物の感覚が、ちょっとおかしくなってしまっているんでしょうかね。

薬局を出て家に向かって歩いていたら・・・1本の桜が満開でした。
こんな時でも桜は咲くんだなぁとしみじみ。
そしていつもと同じように美しいなと思いました。
来年の桜は友人らとわいわい騒ぎながら、愛でたいものです。
そうなりますように。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.