鼻声に

  • 2020年06月08日

突然鼻声になる。
風邪を引いたのだろうと考えて市販の風邪薬を飲むも、鼻声は改善せず。
「喉の腫れや痛みに」と謳った市販薬に変更しました。
するとほんの少しだけ改善しているような気がするものの、その遅い歩みに満足出来ない。

去年、声が嗄れた後で咳喘息になった経験があったので、病院に行っておいた方がいいだろうと判断。
近所の耳鼻科へ。
ドクターの診断は副鼻腔炎。
鼻の奥が炎症を起こして出血していると言います。
実は半年前にもそこの病院で診察を受けて、同じように副鼻腔炎だと言われた経験が。
それからの半年もの間、ほぼ毎日床掃除をし、1日3回吸入器で鼻と喉を湿らせるという私からしたら、しちメンドー臭い行為をしていたにも関わらずの再発でがっかりです。

「ちょっと頻繁になり過ぎですよね」と私が言うと、「体力が落ちているからですね」とドクター。
それねぇ。
運動と食事と睡眠に気を付けてくださいと言われて、半年前と同じ薬を処方されました。

そこの病院では薬を処方するだけで、他の治療についての提案はしてきませんが、ネットなどで調べると様々なものがある模様。
でもなんとも恐ろしいものが多い。
例えば炎症を起こしている患部に、直接なにかを塗りたくる方法があって、これは激痛を伴うらしい。
手術で患部を焼き切るといったものもあるようです。
でも再発することもあるそうで、そんな手術まで受けて再発したら大暴れしてしまいそう。

もっと穏やかな方法もネットにはありました。
副鼻腔炎を患う人に特化した鍼のお店を発見。
そんなお店が成立するのは、それだけ悩んでいる人が多いのでしょうか。
漢方薬で治すと謳ったお店もありました。

まずはそうした穏やかな方法から、トライしていこうかと考えています。

鼻と喉が弱いのは高校生ぐらいの時から。
当時は症状が酷くなった時には、市販の風邪薬などを飲めば数日で治っていました。
それがどんどん治りにくくなって、最近では違う病気に繋がってしまうように。
ドクターが言うように体力が落ちているのでしょう。
その原因の1つは加齢ってやつでしょうね、恐らく。
年を重ねるにつれて体力はどんどん落ちる。
このことをしっかりと受け止めた上で、年齢に合わせた対応策を練る必要があるのでしょう。

自分の年齢を向き合うのは簡単なようでいて、結構難しいもの。
これまでは大丈夫だったからと過信をせず、今年は無理かもしれないと思うところから、スタートするようにしなくては。
と、自分に言い聞かせながら、大量の処方薬を飲む今日この頃です。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.