薬を

  • 2020年06月11日

頭痛に襲われる時があります。
以前よりその回数は減ったものの〇にはなっていないので、時折頭痛薬にお世話になります。
普段ならそれで問題はない。

ところが。
今日は飲みたくないという日がある。
例えば胃カメラ検査を受ける日とか、病院で血液検査を受ける日とか。
今日飲んじゃマズいでしょ、という日があるのに、そんな日に限って頭が痛くなったりする。
昨日痛くなってろよと思う。

痛みが酷くて我慢出来ない時には、常用している頭痛薬を飲みます。
そして病院で「これを飲んでしまいました」と話し、その日の検査に影響がないかをドクターに相談することに。
検査を別の日にするはめになったのは1度だけで済んでいますが、検査が近付くと、またタイミング悪く頭が痛くなるんじゃないかと不安に。
そうした心配も頭痛の原因だったりして。

薬といえば・・・以前初めて行った病院で処方箋を渡されました。
そこから1番近い薬局を教えて貰いそちらへ。
処方箋を渡して薬の用意が出来るのを待ちました。
しばらくして名前を呼ばれたので、白衣姿の女性薬剤師の前へ。
その人がカウンターに薬を並べ始めます。
そして手元の資料を確認しながら、私に薬の説明を始めたのですが・・・。
「咳が出るんですか?」と聞いてくるので「はい」と答えると、薬剤師は薬をじっと見つめる。
「それでこの薬を出すんですよね、あの先生は」と小声で言う。
不満そうな顔で。
なにそれー。
明らかに医師の処方が気に入らないご様子。
それをまた私に言っちゃう?
小さくため息を吐いてから「〇〇は1日3回、食後に飲んでください」と説明を再開。
ちょっと待ってくれ。
今、なにかを諦めましたか?

動揺する私を気にすることはなく説明を進めると、薬をレジ袋に入れ始める。
私は急いで「薬の吸入の仕方を教わるようにドクターから言われたのですが」と言う。
「あぁ、そうですか」と薬剤師は手を止めてから、ちょっと変わった形の容器を持ち上げました。
「この薬ねぇ」と呟く薬剤師はやっぱり不満そう。
私の胸は不安でいっぱいに。
それから薬剤師はやや投げ遣りといった様子で、薬の吸入方法の説明を始めました。

結局、医師の処方箋通りの薬を貰い、その指示通りに薬を飲み切りましたが完治せず、別の病院へ行くことになりました。

医師の処方が間違っていたのでしょうか。
それを薬剤師はわかっていたけれど、職分が違うからとなにも言わなかったのでしょうか。
態度でははっきりと表していたけれど。

薬局であんなに不安になったのは初めてでした。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.