チョコレートを

  • 2020年07月27日

最近ハマっているのはチョコレート。
毎日食べています。
ネットで取り寄せた一品です。

それは、アレルゲン物質27品目を使っていないと謳っているチョコレート。
これまでこういう類のものを散々取り寄せて食べてきましたが、残念ながら大抵美味しくはない。
ところが。
このチョコレートは奇跡的に美味しい。
開発者の皆さん、有り難う。

チョコレートといえば・・・友人A子の娘さんがまだ小さかった頃の話。
寝かしつけようと子ども部屋に入ったら・・・娘さんが口の周りをチョコレートだらけにしていたとか。
母親の目を盗み、こっそり冷蔵庫にあったチョコレートを食べた模様。
A子が「チョコレートを食べたよね?」と確認すると、娘さんは「食べてない」と言う。
「食べたでしょ」
「食べてない」
と、繰り返したとか。

娘さんの気持ち、わかります。
チョコレートって夜に食べたくなりませんか?
それでつい食べちゃったんでしょうかね。
それがバレバレだとはわからず、隠せると思ってしまうのが、幼さ故でございましょう。

私は子どもの頃から肌が弱かったようで、塩味のお煎餅を食べると、口の周りが真っ赤になったそうです。
だから私が子どもの頃は、親が手でお煎餅の塩を払ってくれていた。
塩の量を少なくしてから、そのお煎餅を私に渡していたらしいのです。

ある日、私が口を真っ赤にしていたので、「お煎餅を食べたよね?」と母親が確認。
私は怒られると思ったのでしょうか、「食べてない」と主張。
「食べたよね?」と母親が笑いを堪えて再確認。
すると私は「食べてない」と二度目の嘘。
「食べたでしょー」と母親。
幼いながらももう後には引けないと思ったのでしょうか、「食べてない」と三度目の嘘を吐いた。
最終的に嘘を認めたのかどうかの記憶はありません。

こっそり食べてしまったちびっ子のみんな。
それ、バレてるよ。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.