アイメーク

  • 2020年07月30日

アイメーク関連商品の売上が好調だそうです。
なるほど。
マスクをしていれば顔の下半分は隠れてしまう。
出ているのは目元だけ。
だったら口紅やチークなんかは、しなくてもいいけど、目元にはちょいとしっかりメイクを・・・なんて考える方が多いんでしょうかね。
その気持ち、よくわかります。

友人A子は自宅で、フェイシャルエステサロンを経営しています。
自粛期間中はサロンをクローズしていましたが、7月から再開。
ところがお客さんはまったく来ないそうです。
お馴染みさんに、サロンでの感染対策方法を知らせるメールをして、来店を促したそうなのですが「行きたいとは思っているんだけど、今はちょっと」といった反応だったそうです。

マスクのせいで肌が荒れてしまい、皮膚科で治療中で、顔への刺激を少なくするようにと医者から言われているので、エステに今は行けないと話すお客さん。
自粛期間中に予想外の出費が嵩んだため、今はエステに行く余裕がないと打ち明けるお客さん。
などなど、それぞれが、それぞれの理由を上げてきたそうです。

売り上げがゼロの日が続いているそうで、A子は商売を続けられるのか、とても不安だと言っていました。

真面目に一生懸命やってきた商売が、コロナによって、突然継続出来るかわからない状態になってしまった・・・そんな人たちは多いようです。
配信するなど、これまでとは違う方法で収益を上げられる業種ならいいですが、エステサロンのような、対面でなければサービスが成り立たない業種は大変です。

私はどうかといえば・・・仕事に関しては普段がお籠り状態なので、あまり変化は感じていません。
メールの遣り取りだけで、粛々と作業が進んでいくので、困ったなぁといった気持ちにはならないのです。

困ったなぁと思うのは、病院の予約が非常に取り難くなったことです。
半年に1度、経過観察をしなくてはいけない病院が複数あります。
眼科、呼吸器内科、消化器内科、歯科・・・など。
これらの病院に予約の電話を入れると「コロナ感染対策のために、患者さんの受け入れ人数を制限していまして・・・」と必ず言われる。
そして中には、やっと取れた予約は2ヵ月先だったりします。
経過観察しなくてはいけないのは、それなりに理由があるからで、コロナも怖いですが、それ以外の病気も怖いのですが・・・。

こうしたことも遣り繰りして生活していくしかないんでしょうね。
withコロナ生活の模索が続きますね。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.