ネットスーパーで

  • 2020年09月10日

食料品はネットスーパーで買っています。
ステイホーム期間中は、ネットスーパーにお客さんが殺到して、私の知らない間に配達枠はいっぱいになり、なかなか利用できませんでした。

ここ最近はそうした混雑も解消されて、ネットスーパーで購入出来るように。
現在は4つのネットスーパーで会員登録をしています。

長年1つのネットスーパーを利用し続けていたのですが、ステイホーム期間中に、どこかに買える店はないだろうかと探しまくった結果、取り敢えず会員になっておいたのです。
で、実際に利用してみると、それまでの店とは品揃えが違い、マンネリ化していた買い物に新鮮な風が。

お店によって、品物にもサイトにも個性が現れています。
A店ではどうしてこれを? と首を傾げるような、精肉の写真を掲載している。
どんな写真かというと、とっても不味そうな写真。
生き生きしていないのです。
精肉なんだから生き生きしてたら、逆に怖いでしょ。
とのツッコミがあるかと思います。
精肉の段階ではすでに命はないと承知はしているのですが、それでも新鮮そうな色艶といったものがあって欲しいと思うのです。
それがゼロ。
痛み始めているような赤い色がなんとも不気味で、購買意欲を根こそぎ奪っていく。

B店では複数買いの手続きが七面倒。
例えばオレンジを2個買いたい時、個数を指定したいと思ってもそのような場所はない。
カートに入れるボタンしかない。
ここをクリックするとカートに1個しか入らない。
しょうがないからもう1度カートに入れるボタンを押すと、エラーになってしまう。
欲しいものをすべてカートに入れた後で、会計をするページまで進むと、そこでオレンジの項目の横に個数を表記するボタンがやっと登場。
そこで個数を2にすると画面が切り替わり、カートにオレンジが2個入る。
こうして複数個欲しい品のところを、1つずつ変更していく。
一括変更は出来ず、変更する度に画面が切り替わる。
メンドー臭さにため息が。
どうしてこんなサイトにしたのかと、制作者に問い質したくなる。

C店からは驚くほどの長いメールが届く。
大抵のネットショップでは、購入した品を一覧にしてメールで連絡してくれます。
確認の意味でもありますね。
これを私は印刷しておきます。
品物が届いた時に、注文したのと合っているかを確認する際に、このメールを印刷したものを使います。

初めてC店を利用した時、届いたメールをなにも考えずに印刷したら・・・15枚ぐらいになってびっくり。
二重注文をしてしまったかと内容をチェックしたら、合っていました。
15枚にもなったのは表記の仕方が原因でした。
1品に付き5行ほど使う。
で、品物と品物の間は2行空けている。
つまり1品に付き7行も使っているので、購入した全品物になると、やたら長くなりページが嵩んでいたのです。

印刷した紙と現物が合っているかを確認する行為自体が、古いんでしょうかね。
スマホ画面を操作しながらチェックするお客さんが多くて、「15枚ってなに?」と騒ぐような人は稀なのかも。

客も色々。
店も色々。
というお話でした。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.