便利さ

  • 2020年10月26日

世の中はデジタル化へまっしぐら。
その方が便利になるという。
そうなんでしょう。
多分。

しかしながらIT弱者の私なんぞは、便利になる前に乗り越えなくてはいけない不便さが、メンドー臭くてしょうがない。

先日服を買いにリアルなショップへ。
初めて行った店でした。
するとまずはアプリをダウンロードして、そこから会員登録をしてくれと言われてしまう。
いきなりドーンと大きな壁が目の前に出現したような感じ。

だったらいいですと回れ右をして帰りたくなりましたが、事前予約をし、雨の中わざわざ行った店だったので、このまま帰るのもなんか口惜しい。
そこで渋々店のソファに腰掛けて、アプリのダウンロードにトライする。
ところが。
慣れていないせいもあるし、老眼鏡を持参していなかったせいもあるのでしょう。
全然登録出来ない。
何度もエラーが出てしまう。
もう嫌。
心が折れそうになっていく。

見兼ねた店員さんが、飲み物を用意してくれました。
その容器からして、コーヒーショップにわざわざ買いに行ってくれたようなので、私はお礼を申し上げるべきところなのですが、会員登録に手こずっていている身。
受け答える余裕がない。

えっと、はい? なんですか? 飲み物? はい。そこら辺に置いておいてくださいって、置く場所がないんですね。受け取ったら片手が塞がってしまいますね。私は片手でスマホを持ち、親指だけで操作なんて出来ませんのでね、えっと、もう少し頑張ってみますので、ちょっと待ってて貰えますか?

といった、いっぱいいっぱいの状態。
「使えない女」感出しまくりで、スマホと死闘を繰り広げることおよそ20分。
やっとのことで登録完了。
この時点で疲労困憊していて、これから服を選ぶとか、試着するとかが拷問に思えそうなほど。
せっかく来たんだからと何度も自分を励まし続け、なんとか買い物を済ませました。

世の中がデジタル化へと進んでいくことを、止めようなどとは思っていません。
ただIT弱者への配慮も頼みますと申し上げたい。
IT弱者の人には、登録しなくても買える手段を用意しておいて貰えると、買い物がしんどいものではなくなるので。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.