喧嘩

  • 2021年01月18日

新型コロナの第三波によって、またステイホーム生活をせざるを得なくなってしまいました。
リモートワーク、順調ですか?
なかなか効率が上がらないといった悩みをもつ人も、多いようです。

友人A子も会社からリモートワークを命じられたそうなのですが、夫のB男も自宅で仕事をするようになり、日に日に喧嘩の回数と、口を利かないでいる時間が長くなっているんだとか。
心配性の犬が、毎日2人の間をウロウロしているそうです。

喧嘩の原因は? とA子に尋ねると、「もう存在そのもがウザい」と言います。
これ、かなりヤバいです。
これまで離婚したカップルを色々見てきました。
ある日突然「今日離婚する」といったケースは滅多になく、少しずつ離婚というゴールに向かって進んでいく場合が多いんです。
こういうゴールに行きつくカップルが、どこからスタートを切るかといえば・・・「相手の存在が理由もなくウザく感じる」といった地点なんですね。
「よーい、スタート」と号砲が鳴ってしまったようなもんです。

これがヤバいということは、A子も理解していたようで、2人で一緒に楽しめるものを探してみたんだとか。
残念ながら共通の趣味はなかったので、一緒にゲームをしようと誘ったそうです。

最初は「ヤッター」とか「ワー」とか、そこそこ盛り上がったらしいのですが、やがていつもA子が勝つことに、B男が苛つき始めてしまった。
わざと負けてやろうかとA子は考えたそうなのですが、子どもでもないこいつのご機嫌を、どうして私が取ってやらねばならないのかとの思いもあり、結局、容赦はしなかったそうです。
私から言わせると・・・どっちも大人げない。

どんどん不機嫌になっていくB男と、「また勝ったー」と喜ぶA子。
緊迫していく空気を感じたのか、犬はくるくると同じ場所を回り続ける。

やがてB男は別のゲームにしようと言い出します。
遣り慣れていないA子はしばらく負け続けます。
が、コツを摑んでしまった後はまたA子の連勝状態に。
結局、ゲームを始める前より、一層険悪な雰囲気になってしまったそうです。

これ以上夫婦仲が壊れないよう、一刻も早くコロナの流行が終息し、自宅内での密状態が解消されることを祈るばかりです。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.