敏感肌で

  • 2021年02月18日

肌が弱いため、化粧品選びには慎重になります。
世の中には敏感肌用と謳う商品が物凄くあり、どれを選べばいいのか悩みます。
メーカーの公式サイトには、素晴らしい品だとアピールする言葉が並んでいます。
しかしそれが自分に合うかどうかはわからない。

トライアルセット的なものが、用意されている場合もあります。
旅行に持って行くのに、ちょうどいいぐらいのミニサイズで、比較的リーズナブルな価格のものです。

が、私が今欲しいのはハイライト。
こういう類のものには、残念ながらトライアルセットは用意されていない。

使用中のハイライトは敏感肌用ではあるのですが、クレンジング剤で落とさなくてはいけないもの。
日焼け止めと下地の効果があるクリームと、フェイスパウダーを使っているのですが、これらはクレンジング剤が不要で、洗顔料だけで落とせます。
なのに、ハイライトのためだけにクレンジング剤を使わなくてはいけない。
それはなんとなく惜しい気がする。
ハイライトも洗顔料だけで落とせるものにしたら、クレンジング剤を使わずに済むのです。

何故こうまでクレンジング剤を使いたくないかといえば、これは肌への刺激が強いらしいのです。
誰がいつから言い出したのかはわかりませんが、気が付いたら敏感肌界では、クレンジング剤を敵とみなすようになっていたのです。

ということで、遅ればせながら私も、クレンジング剤を使わずに済ませられるメイクを目指そうと考えました。

こういう時は動画検索。
検索窓に商品名を入力したところ、それを実際に使用している人の動画を発見。
私が迷っている2つのメーカーの品を、顔の右半分と左半分で試してくれている模様。
食い入るように見つめたところ・・・ほとんど仕上がりに差がない。
A社の方がキラキラ感が強く、B社の方がキラキラ感が弱いと、その動画の中の女性は言っていますが、見た感じは同じ。
動画を見る前より、却って悩みが深くなってしまいました。

仕上がりがほとんど一緒であるならば、値段で比べるしかない。
300円安い方を選択。
キラキラ感が少ないと言われていたB社の方でした。

実際に使ってみると・・・確かにキラキラ感は少ない。
でも私にはちょうどいいぐらいでした。
1日使用しても痒みが出でこなかったので、私の肌との相性は大丈夫そうです。

これによってクレンジング剤を使わずに、済ませることが出来ました。
肌には多分いいのでしょう。
それは勿論なのですが、洗顔に掛かる時間が半分になったのが嬉しい。
結局メンドー臭かったのかよとのツッコミ、あろうかと思います。
はい、その通りです。

ブログ内検索

  • アーカイブ


  • Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.