10年前のあの日

  • 2021年03月11日

10年前のあの日、あなたはどこで、なにをしていましたか?

私は自宅で執筆中でした。
大きな揺れに驚きました。
食器や花瓶などが倒れる音が部屋に響き、恐怖でいっぱいに。
あぁ、この世が終わる。
こんな終わり方は嫌だ。
そう、思いました。
腰が抜けて立ち上がることが出来ない状態であったにも関わらず、原稿の入ったUSBメモリーをポケットに入れたのは、どうしてだったのか、今でも不思議です。
これだけは死守せねばと思ったのでしょうか。

あれから10年。
なにが変わったか・・・水や非常食などを用意しておくようになりました。
また自宅近くの避難場所を記した地図を、非常袋の中に入れておくようになりました。

あの時、自然のパワーと恐ろしさを目の当たりにして、人間の小ささも痛感しました。
自然に対しては謙虚に用心深く、接しなくてはいけないのだと思い知りました。

原発で電気を作るには大きなリスクがあるのだと、気付くきっかけとなりました。
低コストだとか、二酸化炭素を排出しないだとか、そういう利点は、安全な状態で稼働している場合にはという条件付きのものだったと知りました。
大きな自然災害を被れば、利点なんぞ吹き飛びます。
それまで上手に隠されていたデメリットの大きさに、呆然とするしかありませんでした。

あの時、なにが出来たのか。
なにが出来なかったのか。
今からでも出来ることはなんなのか。
そうしたことを考え続け、行動していけるようになりたいと思います。

それまでも私にとって書くことは、生きることでした。
そんな私が10年前の震災の時、しばらく書くことが出来なくなりました。
それだけショックが大きかったのです。
でも時が過ぎていくうちに、むくむくと書きたいという思いが胸に溢れてきました。
時間を重ねたことで、今だからこそ書ける小説があるはずだと、気持ちを切り替えられるようになったのです。
それから10年経った今。
書くことは生きること・・・これは変わっていません。
これからも書き続けるでしょう。

皆さんの10年はどんなでしたか?


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.