断捨離を

  • 2021年04月05日

断捨離に挑戦中です。
でも思い切りがいいとはいえない性格のため、ソフト断捨離程度の緩さで実施中です。

服は大分処分しました。
年齢を重ねてこれはもう、ちと厳しいなと思うようになった服が、クローゼットの中で眠り続けていました。
こうしたものを捨てたら、クローゼットがすっきりしました。
それまで窮屈そうに並んでいた服たちが、一気に呼吸が楽になったように見えます。

ソフト断捨離を地味に続けていたら・・・ネットでバスタオルを使うのを止めたと書いている記事が、目に飛び込んできました。
えっ?
使うのを止めるって、お風呂上りはどうするのさ?
と、思ったものの、試してみる価値はあるかもと考え、トライしてみました。

フェイスタオルと銘打って売られているものを、使うことにしました。
大体横が34センチ程度で、縦が80センチぐらいあるものです。
フェイスとなっていますが、私が顔を洗う時に使うのは34センチ四方のもので、こちらはウォッシュタオルという分類になっていることが多いようですね。
なんでなんでしょう。
分類名が実際と違っている点は、ちょっと横において、巷でフェイスタオルとして売られているもので、お風呂上りで濡れた身体を拭いてみました。
すると・・・イケる。
これで充分拭けるのです。
オーマイガー。
誰よ、お風呂上りはバスタオルって言い出したの。
そしてそれを疑わずに、使い続けてきた年月の長さに愕然とする。

バスタオルを使わずに済めば、洗濯物の量をかなり減らすことが出来ます。
なかなか乾かないといった問題も発生しません。
この「バスタオルって大変だよね問題」を少しでも小さくするため、毎回洗いたい気持ちを抑えて、2~3日に1回しか洗濯せずにきた幾年月。
フェイスタオルにすれば一気に解決。
洗濯物の量に影響を与えるような大きさではないので、毎回心置きなく洗えるので清潔に。

感動した私はバスタオルをすべて処分しました。
タオルなどを置いておく棚からバスタオルが消えた途端、すっきり感アップ。
そうなんです。
バスタオルは畳んで置いておくだけでも、スペースを取っていたんですね。

断捨離の第一歩は、思い込みや刷り込みから解放されることから・・・そんな気がしました。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.