忘れる

  • 2021年04月22日

去年から多くの人たちの生活スタイルが変わりました。
私もそうです。
元々引き籠りがちの生活ではありましたが、それでも、ちょいちょい出掛けていました。
そうした外出がなくなり生活は様変わり。

美術館に最後に行ったのはいつだったのか……思い出せません。
音声ガイドのサービスがあれば必ず申し込み、イヤホンを耳に装着。
ゆっくりと作品を眺めながら解説を聞く。
やがて足が疲れて、館内にあるオットマンを探して腰掛ける。
足の疲れが取れるまでぼんやりする……こんな時間も好きだったのですが。

劇場へもしばらく行っていません。
役者さんたちの生の演技に心を震わせる……なんて体験もすっかりご無沙汰です。

服も買わなくなりました。
断捨離中のこともあり減らしたいと思っている服を、買い足す気持ちにはなりません。

そうそう。
手土産も買わなくなりました。
手土産を選んだり、買ったりするのが好きで、雑誌などで見掛けると、そこのサイトにアクセスして、調べたりしたものでした。
でも打ち合わせや会議などがなくなると、当然ながら買わなくなり、またこうした情報をチェックすることもしなくなりました。

そしてメイク。
これもしなくなりました。
普段は化粧水とクリームを塗った後で、日焼け止めクリームを塗るだけ。
メイクは人と会う時だけ。
自粛生活で人と会わなくなるとメイクをしないので……やり方を忘れます。

病院に行かなくてはならず、久しぶりにメイクをしようと思ったら、その手際の悪いことといったら。
メイク道具をずらっと台に並べたのはいいものの、手順を思い出せず、えっと、どうするんだっけと、しばし固まる。
そうだ、下地だ。
で、下地を塗っている途中で、あっ、失敗したと気付く。
下地の前に、目の下にアイクリームを塗るようにと、ヘアメイクさんから教えて貰ったことを思い出す。
下地の上からでもいいだろうか?
それだったらしない方がいいのか?
正解はよくわからないけれど、今日はアイクリームはなしにしよう。
こんな調子。
あっ、しまった。こっちが先だったかと何度も呟きながらメイクをし、なんとかゴールに到着。
手慣れていた頃とはやはり仕上がりに差が出ていますが、しょうがない。
一からやり直す気も、時間もなし。

メイクって毎日やっていないと、やり方を忘れるものなんですね。
あれっ?
私だけでしたか?


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.