料理を

  • 2021年05月03日

調理キットや本が売れているそうです。
家時間が増えたことで、親子で調理を楽しめるようなキットが人気になっているんだとか。
親にとってはメンドーな家事も、子どもにとっては面白い遊びのひとつなのでしょう。

うちは男の子だから、なんて思った方。
調理を楽しむのは女の子だけなんて思い込みは、捨てましょう。

友人A子が初めて息子さんに料理の手伝いをして貰ったのは、ほんの軽い気持ちから。
小学生だった息子さんが暇そうだから、ジャガイモを潰して貰おう。
そんな思いだったそうです。
息子さんは実験をしているような感覚だったようで、すぐに夢中になったんだとか。
その後息子さんは食品メーカーに就職し、研究者となりました。

友人B子は大病を経験しました。
「それまでは1日3度の食事の用意は、メンドーなことだったけれど、今は丁寧に用意するようになった」とB子は言います。
すべてが手作りとはいかず、出来合いのものなどを織り交ぜながらのようですが、以前よりもきちんと準備をするようになったそうです。
これが最後の食事になるかもしれないから。
と、B子は言います。
B子に感化された私は、彼女のようにとまではいきませんが、食事時間を大切にしていこうと思いました。

友人C男は自作料理の写真とレシピを、ブログで公開しています。
酒の肴ばっかり。
メニューが偏っていると指摘すると、食事系のものも作っているのだが、なかなか成功とまではいかず、レシピを公開するレベルに至っていないのだと言います。

ところが。
ある日、そのブログにチャーハンの写真が掲載されました。
成功したようです。
ブログの料理の写真の下には、チャーハンへの熱い思いが切々と綴られていました。
ちょっと引くぐらい。
チャーハンへの強い思い入れを初めて知りました。

他の料理への興味と比べると、やけにチャーハンへの温度が高い男性が多いように思うのですが、気のせいでしょうか?
女性がチャーハンの作り方を熱く語っているのを、私は聞いたことがありません。
チャーハンを語るのは大抵男性。
なんなんでしょうね。
男性陣が抱くチャーハンへの特別感は。
同じぐらいの熱量でシュウマイや、豚肉の生姜焼きについて語ってみなさいよと思う私は、性格が捻くれていますかね。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.