興味があることを

  • 2021年05月06日

大谷翔平選手の活躍が素晴らしいですね。
ネットニュースのサイトに上がる記事を読んでは、喜んでいます。

すると次第にネットニュースのサイトにアクセスすると、大谷選手の記事ばかりになっていく。
メジャーリーグが好きとどこかの誰かに判断された模様で、野球の記事だらけになりました。

松山英樹選手の優勝に感動して記事を読んでいたら・・・今度はゴルフに関する記事ばかりが出てくるように。
野球とゴルフが好きな人と判断されたようです。
大谷選手と松山選手の活躍に心を動かされたのであって、そのスポーツのその他のニュースには、興味をもっていないにも関わらず。

個人の嗜好を勝手に分析されて不愉快だわ・・・なんて感じていたのは昔の話。
今じゃ、分析をするどこかの誰かに、私の好みをわかって貰おうと努力するように。
どうするかって?
興味がない記事を、一つひとつコツコツと非表示にしていくのです。
そうすると次第に、野球やゴルフに関する一般的なニュースは掲載されなくなり、大谷選手と松山選手の話題だけが掲載されるようになります。

本の通販サイトでも同様のことが起こります。
購入履歴や閲覧履歴などから、どこかの誰かが分析をして「こんなのどうです?」と薦めてくる。
しかしながら大抵が「はぁ?」と聞き返したくなるような本ばかり。
が、これは分析力が低いせいじゃない。
私のせい。
あまりに広範囲なジャンルの本や雑誌を買っているから。
小説を執筆するにあたって、勉強しなくてはいけないので、様々なジャンルの専門書を購入します。
登場人物たちの趣味のことも、ある程度は知らなくては書けないので、専門雑誌なども買って知識を得ます。
このため小学生が読む雑誌から、七十代以上の人向けの雑誌まで様々なものを買います。
ハムスター、ラジコン、列車、社交ダンス、将棋、盆栽、パン、出汁・・・などの専門書を入手してきました。
ということで、どこかの誰かは私を分析するにあたって、かなり当惑し混乱しているのではないかと想像します。
だから恐竜の本や、自衛隊関連の本などを薦めてくるのでは。
お疲れ様です。
突拍子もない本を薦められる度に画面に向かって、そう呟いています。
このサイトでは興味がなければ非表示にすることで、分析に協力出来る機能がないため、延々と「はぁ?」という本を紹介され続けることに。
でも、これはこれで面白いかなと思う面もあるので、このままどこかの誰かを混乱させ続けたい気もします。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.