なんのお仕事をしているんですか?

  • 2021年06月10日

医者から「なんのお仕事をしてるんですか?」とよく聞かれます。
あー。
と、心の中でため息。
何故医者は職業を聞きたがるのでしょう。
診察に必要な情報なのでしょうか。
その症状の要因に職業が関係しているかどうかを、確かめているとか?

その後の医者と私の展開が読めるので、なんだかなぁと思いながらも嘘を吐くわけにもいかず「作家です」と答えます。
ほー。
日常生活で「ほー」という相槌は、そうそう聞くものではないと思うのですが、私は診察室でしばしば耳にします。
「どんなものを書いているの?」と医者。
それ聞いてどうするのさ。
もう完全に診察ではなく、ただの好奇心ですよねと言いたくなる。
しょうがないので「どんなもの・・・エンタメ小説と呼ばれているようなものです」と答えます。
「なんにもないところから生み出すんだから、大変だ」と医者は言います。
「まぁ、そうですね」と頷く私。
医者は診察室に入って来た看護師に「作家さんなんだって」と、私の職業を報告したりする。
だから、それ、診察ですかって。

恐らく作家あるあるで、多くの作家が似たような経験をして、心中で「それ聞いてどうすんのさ」と思っているはず。

先日、胃の定期検査を受けました。
これまで行っていた病院は止めて、ネットで調べた初めの病院へ。
検査終了後に診察室で医者の前に座ると・・・内視鏡で撮影した胃の内部の画像を印刷した紙を見せられ、説明を受けました。
そして医者が質問を口にしました。「お仕事はなにを?」
出た。
「作家です」と答えると、妙に納得したような顔で「それではストレスがかかりますね」と言う。
「まぁ、そうですね」と私。
心中では、生きている限りすべての人にはストレスがあるだろうにと思うものの、口には出せない。
そして医者は、作家の仕事とストレスを結び付けて、薬を出してお大事にという流れにもっていきたいのだなと理解する。
胃は不調をストレスのせいにし易い臓器ですしね。

案の定、私が想像した通りの台詞を医者が発しました。
恐らく患者がどんな仕事を答えたとしても、「それではストレスがかかりますね」と言うような気がします。
働いていませんと答えたとしても「家に籠っている生活はストレスですよね」と話をもっていくのでは?
取り敢えず職業を聞け。それをストレスと結び付けて、お帰り頂け。
と、医科大学で教えているんじゃないかと思ってしまうんですが、本当のところはどうなんでしょうかね。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.