スーパーの品揃え

  • 2021年09月20日

自宅近くのスーパー。
その前を通りかかる度に、今度入ろうと思い続けて15年。
これまで一度も入店する機会がありませんでした。

あー、今日は荷物が重いから、これ以上重くなったら無理だから、今度にしようと思ってしまうのです。
そんなことを繰り返しているうちに15年が経ったことに、我ながらびっくり。
そしてついにその店へ。

そこはマンションの1階にあり、ガラス製の壁越しに、コンビニ程度の広さだというのはわかっていました。
どんな品揃えなのかと期待で胸は弾みます。
気持ちが急いていたのか、足元に注意を払わず、入り口の段差で躓きそうになるも「なんでもありませんけど、なにか?」といった澄まし顔で入店。

消毒液が入っているボトルを探しましたが、そうした物の姿はなく、コロナ対策は甘い店のようです。
入り口に一番近い棚には果物。
これは広いスーパーでも、コンパクトなスーパーでも一緒なんですね。

通路の右に目を向けたら豆腐と納豆が並んでいて、思わず足を止める。
そうか、もう豆腐コーナーが登場するのか。
かなり端折らないと、このスペースに商品が収まらないんでしょうね。

そして果物の棚の隣に目を向けて、ぎょっとする。
そこは鮮魚と精肉の棚。
30センチぐらいの幅に、鮮魚と精肉が収まっていました。
もう魚と肉が登場してくるのか・・・。
映画を早送りで観ているような感覚。
展開の速さに気持ちが付いていかない。
今日は鮭祭りと鶏肉祭りが開催中なのか、鮭と鶏肉ばかりが並んでいる。
挽き肉はなし。
やはりどこかで諦める潔さが、必要になるんでしょうね。

鮮魚と精肉の隣の棚に目を向けると・・・でーんと惣菜がたくさん並んでいる。
総菜の棚は、果物と鮮魚と精肉の棚を合わせた長さの2倍ほどある。
ここなんですね、この店の売り上げの中心は。
サラダ、唐揚げ、玉子焼き、寿司・・・種類が豊富。
次にその棚の裏に回ってみる。
と、スナック菓子がずらっと並んでいました。
あ、こっちか。
こっちが店の主役だったのと理解しました。

限られたスペースでのスーパーの品揃えと陳列は、大型店とは違って、なかなか面白いものがありました。
その店の周囲に住んでいる人たちの生活スタイルを、垣間見せて貰った気がしました。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.