季節が進んで

  • 2021年10月21日

久しぶりにブーツ型の湯たんぽを使い始めました。

足先の冷え性である私は、このブーツ型湯たんぽを一年中使っていました。
夏は冷房を使用しながらも、足はブーツ型湯たんぽに入れているといった状態でした。
そんな私が1ヵ月近く、これに足を入れていませんでした。
引越しのバタバタで、精神が高揚していたのでしょうか。
足先の冷えをシカト出来ていたのです。

引越しのバタバタが終わり気持ちが落ち着いたせいか、急に足先の冷えを思い出しました。
そこでブーツ型湯たんぽにご登壇を願いました。

そういえば新居には床暖房の設備が入っているので、契約すれば利用出来ると聞きました。
その時「どうしますか?」と尋ねられたのでした。
いつでも好きな時に手続き出来るものならば、今はしない。
今冬を過ごしてみてから決める。
そう考えて「今は契約しません」と答えたのでした。
私にしては珍しく、まっとうな考え方。

いつもの私なら、勧められるまま契約してしまっていたでしょう。
その後で後悔するというのが、お決まりのパターンでした。
それがこの件に関しては、まっとうな考え方をすることが出来ました。
普段緩んでいるネジが、なにかの拍子でしまっていたのかも。

小説「僕は金(きん)になる」は父ちゃんの台詞で始まります。
それは「お前はまっとうに生きろ」というものです。

読み進めて頂ければ、この台詞の意味がわかってくるかと思います。
まっとうに生きたいと思っていても、まっとうに生きるというのは結構難しいものです。
人によって「まっとうさ」は違いますし、それは時代によっても変化しますしね。

父ちゃんの願いを、息子の守は叶えて、まっとうに生きるのか。
まっとうとは言い難い生き方をする父ちゃんの人生は、どんなものなのか。
こうした視点から小説を味わうのも一興かと思います。

行楽の秋、食欲の秋もいいですが、読書の秋も楽しんで頂きたいところです。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.