ブランコ

  • 2021年12月06日

自宅近くには、ちょっとした広場がたくさんあります。
公園とまではいかない広さ。
砂場があるだけ、ブランコがあるだけ、ベンチがあるだけ・・・といった小さなスペース。

先日、そうした場所の1つの前を通りかかりました。
そこにはブランコが2つだけ。
そのブランコに女子中学生2人がそれぞれ座り、お喋りをしていました。
「青い春だねー」と思いながら通り過ぎました。
学校でどれだけ喋っていても足りない。
だから放課後もお喋りをする。
これが青春です。

中学生の頃の自分はどんな放課後を過ごしていたかと、記憶を手繰り寄せてみますと・・・学校では寄り道が禁止でした。
多分。
だから表通りではなく、裏通りにある喫茶店が人気でした。
また外から中が窺えるような窓がある店は敬遠され、地下や二階の店が選ばれました。
たまたま通りかかった先生から、制服を見とがめられないようにです。

ある日友人に連れられて、今、人気だという店に。
地下の小さなその店には、自分と同じ制服姿の女子生徒がたくさん。
そこは焼きうどんの店でした。
それまで我が家やその周囲では、うどんを焼くという習慣がなかったため、衝撃を受けたことを覚えています。
「うどんを焼いちゃうんだぁ」と、そんなことに感動していました。

そうして焼きうどんを1人前平らげた後で、フツーに自宅で夕食を食べられたのは、若さ故でしょう。
若さって凄い。
今同じことをしたら、胃もたれして数日苦しむことになります。

中学生の頃、放課後焼きうどんを食べながら、どんなお喋りをしたのか・・・まったく覚えていませんが、きっと楽しかったんだろうなと想像します。
ただ一緒にいてただ喋っているだけで、楽しかったんでしょう。
振り返れば、もっと勉強しておけばと思ったりもしますが、ああいう時間はやはり人生においてとても大切なものだったとも感じます。

コロナ過の生活が続いています。
色々な制約の中で、学校生活を送る子どもたちは大変です。
そんな中でも青春を楽しんで欲しいと願っています。
一度きりですから。


Copyright© 2011-2022 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.