警戒音が

  • 2022年01月10日

昼食の仕度をしている時でした。
ビービービーと、突然部屋に大きな警戒音が響き渡りました。
訪問者を知らせる時の音とは明らかに違う、緊迫感のある音。
ん?
動揺した私はどうしていいかわからず、何故かキッチンを一周してしまう。

すぐに女性の声が聞こえてきました。
「電気を使い過ぎています」という。
へ?
えっと、どうしたら、と慌てながらも、キッチンとリビングの照明を消してみました。

しばらくその場で固まったまま、注意をしてくれた女性の次の言葉を待ちましたが、なにも聞こえてきません。
そしてブレーカーも落ちない。
今のはなんだったの? と思う。

少しして、そういえばあの女性の声はどこから聞こえてきたのかという疑問が。
音がしてきた辺りにあるものといえば・・・来訪者を知らせてくれる、インターフォンのモニターです。
もしかして、ここから? と画面を覗き込んでみたら、電気使用量80%と表示が。
びっくり仰天。

そのモニターは来訪者を知らせてくれるだけの存在だと思っていました。
まさか電気の使用量を把握し、しかも注意してくれる能力があったとは。
思わず「あなたはどこと繋がっているの?」と話し掛けていました。

そのモニターは1階にある宅配ロッカーに、私宛の荷物が入れられた際に、物凄く大きな声で「届きました」と教えてくれます。
あまりに大きな声なので、ボリュームを落とそうと取説を読みましたが、そうした機能はない模様。
だから大きな声の「届きました」を何度も聞かされてきました。
その度にサンキューと思うものの、そもそも宅配ロッカーに荷物が入れられたということは、不在であるからのケースが多いはずで、そんな時に大きな声で言っても意味がない。
おバカさんね、なんて思っていた自分を叱り付けたい。

そのモニターは恐らくいろんなものと繋がっていて、いろんなことを私に注意してくれるのでしょう。
取説を改めて熟読してみます。
そしてモニターのサポートを受けていこうと思います。
そのうちモニターに名前を付けるようになるかもしれません。


Copyright© 2011-2022 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.