電車が遅れて

  • 2022年04月21日

病院に行こうと駅に向かいました。
改札の前には大勢の人が。
どうしたんだろうと思っていたら、駅員が「運行再開は午後3時頃になる予定です」と言っているのが耳に入りました。
げっ。

改札の前に置かれたボードには、昼過ぎからずっと電車が動いていないと書いてありました。
げげっ。
まったく知らなかった。

代わりにバスを運行させているとも、ボードには書かれていました。
時刻は午後2時半。
微妙。
運行再開予定の午後3時まであと30分。
これを待った方がいいのか、それともバスを利用した方がいいのか。
午後3時に本当に再開してくれるかどうかが、はっきりしないというのが、もどかしい点。

悩んでいる時にそうだと気が付きました。
予約時間に遅れますと病院に電話をしておくべきだと。
そこで電話をしてみたら・・・診察時間外だとのアナウンスが。
午後の診察は午後3時半からのため、その時は昼休憩中だったのです。
留守電機能を稼働させてくれていないため、遅れますのひと言を伝えたいだけなのに、吹き込めない。
メールはあるだろうかと、スマホから公式サイトにアクセス。
ところがメルアドの記載なし。
診察時間外の患者からのコンタクトを、一切拒否している感がいっぱいなのです。

小さいクリニックって、お昼休憩がめっちゃ長いですよね。
あれ、なんでですかね。
フツーの企業であれば、昼休憩といったら1時間でしょ。
それが小さいクリニックだと3時間ぐらい。
3時間もの間、なにしてる?
と、休憩時間の長さについて考察している場合ではなく、電車を待つか、バスにするかを考えなくてはと思い至る。

どうすっかなぁと考え始めたら・・・駅員がボードを片付け始めました。
そして運行を再開しますと宣言。
改札前にいた人たちが、一切にホームへなだれ込みます。
バスを選択しなくて良かったぁ。
と、私も喜び勇んで電車に乗り込みました。

前日スマホに入れている有料のアプリで、自宅から病院までの経路を検索していました。
なのに、そのアプリから「あなたが乗るつもりらしい電車は動いていませんよ」といった類のメッセージは、まったく届いていませんでした。
電車内でそのアプリを立ち上げてみると・・・前日に検索したページの電車の欄が黄色になっていて、運行していないと書かれていました。
そういうの、アプリを立ち上げないと教えてくれないものなの?

乗車の直前に検索すれば、運行していないとわかるでしょう。
でも私のように前日に検索を済ませて、当日はチェックしない人だっているのでは?
そういう人のためにメールかなんかで、知らせてあげようという気持ちには、なってくれないの?
有料だよ。
普段、大した情報ではないものを、メールで知らせてくるくせに、肝心の電車の運行情報は知らせないってどういう魂胆?
たかだか数百円の利用料金ではありますが、毎月支払っているのにと、その数百円が惜しくなる。
アプリも完璧ではないと理解し、矛を収めるべきなのでしょう。
でもなぁ。
アプリ、頑張れよ。


Copyright© 2011-2022 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.

error: Content is protected !!