エアコンのクリーニングを

  • 2022年06月20日

エアコンのクリーニングをして貰いました。

5月の暑い日。
冷房を入れようとエアコンのスイッチをオン。
30分ほど経つと・・・呼吸が苦しい。
咳が出る。その咳が止まらない。
なんだなんだ。
突然の症状におろおろしながら、もしかしてとエアコンを止めてみました。
するとみるみる呼吸が楽に。
エアコンが原因?

昨年の9月に現在の部屋に引っ越してきました。
エアコンは設置してありましたので、大家さんのものです。
恐らく前の住人が退去した後で、クリーニングをしたでしょうから、そこから1年経っていないはずなのに。
もしかしてクリーニングをしていなかったとか?
それとも私の使い方に問題が?

とにかく息が苦しい状態で暮らしていくことは出来ないので、クリーニング業者に電話。
混んでいるので、最短でも6月中旬になるとオペレーター。
その間暑い日はどうしたらいいのだろうと不安になりましたが、しょうがないので予約。
暑い日にはすぐ横に扇風機を置いてなんとか凌ぎ、その日を今か今かと待ちました。
その待ちに待ったクリーニングが、昨日やっと実現したのです。

お願いすることになった事情を男性作業員に説明すると「ぱっと見たところでは、そんなに汚れている感じはしませんが」という。
私はマスクを着用して別室で待機。
1時間ほどで作業が終了。
作業員が洗浄の際に出て来たという水を見せてくれる。
真っ黒。
作業員によれば結構汚れていたらしい。
カビが多かったという。
「この白い点々がカビです」と教えてくれる。
バケツの中をよくよく覗けば、真っ黒な水に白い粉状のものがたくさん浮いている。
危うく叫びそうに。
作業員はエアコンのクリーニングは、2年に1度お勧めしていると言いました。
だとしたら、我が家のエアコンは汚れるのが早過ぎる。
我が家は普通の家より汚いのか?
ちょっとへこむ。
何故他の家よりカビが発生し易いのかは、ちょっと横に置いておいて、今夏はこれで快適に過ごせると思うとほっとします。

新刊「残された人が編む物語」にはエアコンがちょこっと出てきます。
夏に仕事から戻った登場人物が室内の暑さに気付き、しまったと思います。
家を出る時にタイマー予約するのをし忘れたのです。
ありますよね、これ。
ありませんか?
私はフリーライターをしていた頃、しょっちゅう予約をし忘れて、1日の疲れを自ら倍増させていました。
あまりによく忘れるので、玄関扉の内側に「エアコンのタイマー」とサインペンで書いた紙を貼るようにしましたっけ。
そんな何気ない日常の一コマがある「残された人が編む物語」。
そんな日常の中に潜む喪失感・・・そこまでを描けているといいのですが。

ブログ内検索

  • アーカイブ


  • Copyright© 2011-2022 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.

    error: Content is protected !!