コーヒーを

  • 2020年09月28日

コーヒーが大好きでしたが、最近はすっかり飲まなくなってしまいました。
胃が弱い私は医者に控えるように言われたのをきっかけに、渋々飲まずに我慢していたら・・・胃の調子が酷くならないと気付く。
そうなると飲まないでいることが大変じゃなくなり、今ではそうした生活にも慣れました。

飲まなくなると、カフェインへの耐性が弱くなるのでしょうか。
たまに飲むと胃ではなく脳の方がびっくりするようで、夜、全然眠れなくなります。

そんな話をしたら、友人A子がカフェインレスコーヒーを送ってくれました。
フィルターに1杯分のコーヒーがセットされているもので、それを開いてマグカップに載せて湯を注げばいいだけで、とっても簡単。
味はといえば、言われなければわからないほどフツーの美味しいコーヒーでした。
友よ、サンキュー。

友人B子はコーヒー好きで、カフェインを頼りにしています。
毎朝、出勤前に会社近くの店でエスプレッソを買って出社。
デスクでエスプレッソをがぶ飲みして、頭をシャッキリさせてからいざ仕事というタイプ。

そんなB子が在宅勤務になって・・・自宅でドリップ式のコーヒーを淹れてみたものの、パンチが足りないのか、頭がシャッキリしなかったそうです。
これはやっぱり、自宅用のエスプレッソマシンを買うしかないのではと考えたB子は、ネットで購入。
しかし届くまでに、1~2週間掛かると言われてしまったとか。
同じように考えた人たちによって、一時的に在庫がない状態になってしまったんでしょうか。

自宅にエスプレッソマシンが届くまでの1~2週間を、どう遣り過ごすか。
カフェイン以外に頭をシャッキリさせるものとはなんだろうと、真剣に考えたB子が見つけた答えは七味唐辛子。
冷蔵庫の扉の裏にあるポケットの隅に、七味唐辛子は遠慮気味にいたそうです。
いつ買ったのかわからないけれど、うどんを作った時に、そうそうと思い出す程度の薄い存在感。
でも味のパンチは強い。
いいかもしれないとB子は思ったらしい。
しかしこれを舐めるというのは、いくらなんでもと考えたB子は、お湯をマグカップに入れ、そこにふり注いでみたそうです。
不味くはないが、美味しくもないといった一品になったけれど、舌が痺れて目がパッチリとなった気がしたとか。
これでエスプレッソマシンが到着するまでの期間を凌いだとか。

意外な活躍をみせた七味唐辛子ですが、なにか他になかったの? とも思います。
だったらなんだろうと考えてみると・・・なにも浮かばず。
ここは七味唐辛子が正解だったのかもしれません。
とはいうものの、B子の使い方はお勧め出来るようなものではありませんので「やってみよ」などとは思わないでくださいね。

機種変更を

  • 2020年09月24日

スマホを機種変更しました。
実に5年ぶりのことです。
通信会社のHPでは、オンラインショップで本体を購入し、自宅で機種変更が出来ると謳っています。
とても強く勧めてくる。
手順について書かれたページを見てみると・・・自分で出来る気が全然しない。

そこでオンラインショップで本体を購入し、受け取りをショップに指定。
そのショップでデータの移動や初期設定を、有料でして貰う依頼をしました。

そしてショップへ。
購入した本体を目の前にした私に、アクリル板越しにスタッフが言ってきます。
「許可するのところを押してください」「次へを押してください」といった具合に。
一見するとスマホにタップしているのは私なので、私が作業しているように。
でも実際はスタッフに言われたところを押しているだけなので、なにを許可しているのか、全然わかっていない。

わかっていなくても、こういう時に質問はしません。
下手な質問をして説明をされても、どうせわからないから。

電話帳と画像データを新しいスマホに移し、登録する必要があるどこかに登録をして、なにかが使えるようになったらしい。
こんな程度の理解。

スタッフに「どうもお世話様でした」と深く頭を下げて帰宅。
そしてお茶を入れ腰を落ち着けて、さー、練習してみるかとスマホを弄り出す。
あー、あれを聞けば良かったとすぐに後悔。
毎回後から聞いておけば良かったと思うので、今回は質問することを箇条書きにしたメモを持参したにも関わらず、それに漏れていた大事なことに、この時点で気付く。
後の祭り。

まぁ、しょうがない、なんとかなるかと、今まで一度だってなんとかなった試しはないのに、そう思う。

そして電話帳を出してみようとしたら・・・データが0となっている。
またまた。
ショップでデータを新しいスマホに移した後で、ちゃんと移ったかを確認したもの、私。
全然違うところを見ているのよね、と自分に話しかけてみたりする。
あっちこっち弄ってみるのですが、結局同じ画面に辿り着き、そこにはデータが0と表示されている。

悪い夢でも見ているのかと。
有料の安心遠隔サポートサービスを契約していることを思い出し、そこに電話を掛けました。
そこはスマホの機種変更を検討し始めた時から、何度も電話を掛けていましたが、回線が混んでいるようで、まったく繋がらなかったところ。
受話器を握りながらも繋がる気がせず、今からもう一度ショップに行くべきだろうかと考えていると・・・電話が繋がった。
奇跡。
今日という日がツイているんだか、ツイていないんだか。

オペレーターさんに事情を説明し、遠隔操作で私のスマホを弄って貰いました。
しばらくして「確かにこのスマホにデータは入ってません」とオペレーターさんがきっぱりと言う。
慌て過ぎて「あの、あの、あれは、あれは、あれです、SDなんとかっていうのにも入ってないですか?」とレロレロ状態になって質問。
「ちょっと見てみましょう」と調べて貰うと・・・バックアップしておいたSDにはデータが残っていたそうで、そこから復元させることで、無事に電話帳を新しいスマホに入れることが出来ました。

良かった。
それにしても。
ショップで電話帳のデータを移した後で、実際に移せたかをその場で確認していたのですが、あれはなんだったんでしょう。
一旦移せたのにその後なにかが起きて、消えてしまったのでしょうか。

翌朝、目覚まし時計を止めた後すぐに、スマホの電話帳をチェックしたことは、言うまでもありません。
データがスマホに残っているのを確認してから、トイレに行きました。

手帳

  • 2020年09月21日

もうそんな時期になりました。
なんのって?
来年の手帳を買う時期になったんです。

ここ数年愛用しているのは「ほぼ日手帳」。
2021年のラインナップから悩んだ末に選んだのは、こちらです。

えらく悩みました。
ちびまる子ちゃんのイラスト付きのカバーのものにするか、それとも無地なものにするのかで。

去年もとっても悩みました。
なにせ1年間持ち続けるものですからね。
去年はウルトラマンのカバーのものにするか、無地のものにするかで1週間悩み続けました。

ウルトラマンに登場する、たくさんのキャラクターたちのイラストが、とても小さく縦に何列も並んでいるデザインに、心を鷲掴みされました。
ウルトラマンを好きでもないのに。

なかなか決断が出来なかったため、手帳を人前で開くシチュエーションについて考えてみました。

まず浮かんだのは、スケジュールの話になったため、編集者の前で手帳を開く・・・という場面。
「ウルトラマン、好きなんですか?」と編集者はきっと質問してくるでしょう。
「いや、全然」と答える自分が想像出来ます。
まぁ、これはオッケーでしょう。

次に浮かんだシーンは病院。
次の予約を取る時に、受付スタッフの前で私は手帳を開くことでしょう。
その時「ウルトラマン、好きなんですか?」とは聞いてくれない。
絶対に目に入っているのに、なにも言わないと思う。
そして心の中で「いい年して」と呟くはず。

あー、ダメだ。
ウルトラマンのデザインの手帳は諦めなくては。
病院の受付スタッフからどう思われるかによって、物事を決断する日が来るとは、全く予想していませんでした。

結局、水色の無地の手帳を購入しました。

そして今回、ちびまる子ちゃんのイラスト付きのものにするかどうか悩み始めた時、一足飛びに病院の受付スタッフに、どう思われるかという点に考えがいき、すぐに結論を下すことが出来ました。
そうです。
それで無地のに決めたのです。
ピンク色は年齢に関係なく、持っていても許される色ではないかと思いましたし。

来年のこの手帳にどんなことを書くのでしょうか。
楽しい予定をたくさん書き込めるといいのですが。

オンライン教室

  • 2020年09月17日

美術館にしばらく行っていません。
お芝居を観に劇場に行く機会もなくなりました。
そう。
コロナのせいです。

でも美術館も劇場も、行かなくても楽しめる方法はあります。
例えば有名な絵を紹介し、解説をしてくれるDVDなどがあるので、それを見るという手があります。
見学者たちの頭の隙間から覗き見なくて済むのが、いいところ。
名画を独り占めしている感覚さえ覚えます。
細部を拡大して見せてくれたりもするので、美術館で見学していたら、気付かなかったであろう点まで堪能出来る。
ただこうした解説付きDVDで紹介されているのは、とても有名な絵だけ。
もっとたくさんの絵を、こんな形で紹介してくれたらいいのにと欲張ってしまいます。

お芝居も最近ではライブ配信で楽しめるようですね。
私は未体験なのですが、友人A子がトライしたと言います。
途中、勘違いして、一時停止ボタンを押そうとしてしまったと話していました。
トイレに行きたかったそうです。
観ているうちに、DVDを鑑賞しているような感覚になっていたようです。
劇場と離れた場所に住んでいる人には、こうしたライブ配信は嬉しいですよね。

友人B子はオンラインのヨガ教室に、参加するようになったそうです。
B子は何年も前からヨガを習っているので、もう自宅で一人で出来るんじゃないのと尋ねると、誰かと一緒にやっている感覚が欲しいのだと言います。
しかし通っていた教室が休止されてしまったため、どうしたものかと考えていたところ、ネットでオンラインのヨガ教室を見つけたので、参加したみたら、リアルのと同じように楽しかったんだとか。
「分割された画面には、一緒にやっている生徒たちの姿が映っていて、一人じゃないと思えると、一生懸命やろうという気持ちになれるのよ」とB子。
講師が時折、生徒の名前を呼んでくれるんだそうです。
「〇〇さーん、もう少し右に捻ってみましょうかー」「△△さーん、頭の位置、いいですよー」なんて具合に。
これが講師に見て貰っているという感覚を生んで、リアルなヨガ教室と同じように思えるんだとか。

場所代が掛からないこともあり、リアルなヨガ教室よりも、オンライン教室の方が値段が安いという利点もあるそうで。
コロナが収まっても、このままオンラインの教室を継続するかもしれないとB子。

コロナの流行によって、それまでの商売の形態を変えざるを得なくなった業種はたくさん。
一方でこれをチャンスと捉えている企業・団体・個人もいることでしょう。
この危機を工夫と知恵で、なんとか乗り切っていきたいですね。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.