2020年は

  • 2020年12月31日

2020年はどんな年でしたか?
コロナに翻弄された1年だったと答える方が、ほとんどなのでは。

私は自宅で執筆をしているので、元々が引き籠り生活。
それでも打ち合わせや会食などがなくなり、生活スタイルは変わりました。
友人らとも直接会うことがなくなりました。

そんな生活を続ける中で、改めていろんな人に感謝するようになりました。
病院で患者さんと共に闘う医療スタッフの皆さん。
感染を食い止めようと働く保健所の皆さん。
感染者を出さないよう努力を続ける、介護施設の皆さん。
こんな状況下でも、スーパーの営業を続けてくれているお店の皆さん。
このような時期であっても、いつも同じ時間にゴミを収集しに来てくれるスタッフの皆さん。
電車を動かしてくれている皆さん。
荷物を届けてくれる皆さん。

書き出したらきりがないくらい、大勢の人たちに感謝をするようになりました。
そしてこうした様々な人たちの手を借りて、暮らしていたのだということに気付かされました。

本もそうです。
たくさんの人が諦めずに頑張ってくれたお陰で、今年も本を出版することが出来ました。
有り難うございます。

コロナ過で生活スタイルが変わり、本を読む人が増えたようです。
今年はどんな本を読みましたか?
物語の世界に浸るという素晴らしい体験を、たくさんの人が楽しんでいたらいいなと思います。

仕事以外で掲げていた今年の目標がありました。
それは囲碁で人間と対局するまで、レベルを上げるというものでした。
これは残念ながら実現せずに終わりました。
ソフト相手に全然勝てず、気持ちがどんどんささくれ立って、なんでこんな嫌な気持ちになってまで囲碁なんかしてるんだろう、といった疑問さえ抱く始末でして。
もう止めちゃおうかな。
と、100回ぐらい思いました。
来年も囲碁を続けているか・・・かなり怪しい。
継続は力だというけれど、囲碁だけは別のような気がしています。

皆さんも、そして私も、来年は平和に穏やかに暮らせますように。
そしていい1年だったねと振り返れますように。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.