インコの思い

  • 2021年04月26日

以前このブログで、インコを飼っていた話を書きました。
そのインコはオスでした。
でも実は買ったのは、オスとメスの一匹ずつでした。
店員さんからは、二匹ともまだ子どもだと言われていたので、いずれカップルになってくれればと思っていました。

自宅の鳥籠に二匹を入れたところ・・・メスがオスを追い掛け回します。
執拗に。
で、オスは逃げまくる。
メスの方が体が大きく、小さいオスを苛めているように見えます。
が、しばらく観察しているとどうも違う感じ。
メスは体を触れ合わせて、イチャつきたいだけのようにも見えてきます。
噛みついたりはしないのです。
ただ引っ付きたいみたい。
でもオスは断固として、それを拒否してる。

オスが止まり木に止まっていると、その隣にメスが来る。
と、オスはすぐに飛び上がりエサ入れの容器の上に着地。
すぐさまメスは羽を広げてオスの隣に移動。
するとオスは水入れの容器の上に逃げる。
即座にメスはオスを追い駆けて水入れの容器に。
これを延々と繰り返している。
メスはしつっこいし、オスの意志は固い。
勝手に擬人化してみて、ちょっと切なくなったりしました。

オスがこれほど嫌がっているのであれば、時間を掛けて仲良くして貰った方がいいだろうと考えました。
そこで別の鳥の雛を育てた時に使っていた小さな籠を出してきて、そっちにメスを入れ、二匹を引き離しました。

翌朝、鳥籠を見たら・・・メスが死んでいました。
ど、どうして?
恋が成就しなかったから?
哀しみのあまり?
オスはメスに追い回されていた時より元気な様子で、エサをついばんでいます。
インコの恋愛は命がけなのか・・・と呟きました。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.