シャンプーなのかコンディショナーなのか

  • 2018年04月30日

風呂場で髪を洗っていました。
いつものようにぼんやりと。
すると突然「あれ?」と思う。
今、私が髪に付けたのは、コンディショナーだったっけ? と。
コンディショナーにしてはやけに泡立つ。
間違えてシャンプーのポンプを押してしまい、掌に出してしまった?
はて。

やがてもう一つの大きな疑問が浮かぶ。
私はすでにシャンプーを終えたのは確実か?
頭皮をごしごしした感覚がない。
だとすると、シャンプーを掌に出したのは合っていた?

いや、私のことだから、シャンプーは無意識の中ですでに終えていたというケースもあり得る。

大丈夫か、私。
ふと正面にある鏡の中の自分と目が合う。
固まっている表情の自分が不憫になる。

人生は何度でもリスタートできると、どこかで誰かが言っていた。
と自分に言い聞かせ、今、髪についているものを洗い流すところから始める。
そして「シャンプー」と声に出してボトルを確認。
掌で泡立てて頭皮に。
ごしごしする間中「シャンプーシャンプー」と呟く。
それを洗い流す間には「次はコンディショナー次はコンディショナー」と心の中で唱える。
コンディショナーを髪に付けて、それを洗い流す時には「これで終わりこれで終わり」と繰り返しました。

湯船に浸かりながら、これからは現状を心の中で呟きながら髪を洗わなくてはと誓いました。

皆さんはこんなことないですか?
洗髪とか歯磨きとか毎日同じことを繰り返す行為中に、それに集中できず別のことを考えていて、でも身体は習慣からいつも通り動いている――その最中に遠くにあった意識が身体に戻って来て、あれ? どこまでやったっけ、なんてこと。
私はたまにやらかします。
それはぽんこつのせいなのか、年のせいなのかはわかりません。
ビタミンが足りないとか、そんな理由もあったりして。
いずれにせよ、一日に何度もシャンプーするのは宜しくないので「シャンプーシャンプー」と呟くようにしようと思います。

走る

  • 2018年04月26日

女子会が開かれるレストランに向かっていました。
赤信号で立ち止まった時、前方にその女子会に出席する友人A子を発見。
A子は横断歩道の最前列にいます。
周囲に人がいて近付き難かったし、大きな声で名前を呼ぶのもちと恥ずかしかったので、歩き出したら追いつこうと考えました。

信号が青に変わりました。
と、A子が走り出した。
へ?
ワンピースを着てヒールを履いた中年女が、街中を結構真剣に走る姿って、そうそう見られるもんじゃありません。

時刻を確認しましたが、集合時間には余裕で間に合います。
フツーに歩いても、会の開始予定時間の5分前には到着できると思われます。
走る理由がわからない。
健康のためでしょうか?

レストランに到着すると、A子は涼しい顔ですでに着席していました。
「走ってたよね」と私が確認すると、「うん」と頷く。
それだけ。
説明がない。
そこで「なんで?」と尋ねると、A子は首を傾げる。
そして「なんでかな? なんとなく」と答えました。
はぁ?
なんとなく走る?
青春真っ只中の高校生かよ。
「よく走るの?」と更に質問すると、「どうかな。走ってる自覚はないけど、走ってる時があるかも」という。
走ってる自覚がない?
バッグを脇に抱えて両腕をしっかり振ってたっていうのに、それが無意識なのかよ。
絶句している私に、A子は「変だった?」と聞いてきました。
思わず「うん」と頷いてしまいました。

更に質問を重ねて確認しましたが、健康のために普段走っているといったことはなく、また昔陸上部だったといった過去もなし。
約束の時間に遅れそうだと思ってもいなかったと判明。
どうやら本当に走った理由が見当たらない。

街中をなんとなく両腕をしっかり振って走ってしまう中年女。
人間の不思議さについて考えさせられた一件でした。

化粧品

  • 2018年04月23日

化粧品はネットで購入しています。
そのメーカーからは、定期購入を非常に強く勧められます。
サイトにも、納品書にも、月に2回送られてくる冊子にも、定期購入がお得ですと書いてある。
定期購入すると、定価の10~15%オフになるというのです。

そのようなシステムのところは多いのですが、私は基本的に定期購入を選びません。
化粧品もしかり。
毎日化粧をするわけではない私の消費スピードは、誰にも読めないと思うからです。
定期購入のサイクルは自分で設定もできるとサイトには書いてあるのですが、私にだってそんなものは予測できない。
そこですべての化粧品を1つずつ買い置きしておきます。
使いきって買い置きしていたものを開封したら、ネットで注文をするというルールにしています。

そのメーカーの化粧品は10年以上使っているため、自然とステージが上がっていき、定期購入ではなくても定価の7%オフになっていました。

先日そのメーカーから届いた冊子を見ていると・・・システムが変わると書いてある。
今後は定期購入しないと、どれだけ長く愛用していても、たくさんの種類を買っていても、定価になるという。
なんちゅうこと。
これからは定価で買わなくてはいけない・・・10年以上愛用してきた客に対して、そんなことする?
定期購入させたいのでしょうが、それはメーカー側の都合であって、私の希望ではない。
だったら定価で我慢するんだなっていう商売はどうなんでしょう。

フツー単品でその都度買うより、定期購入で買った方がお得になっていますが、その差が定価の10~15%というのはあまりない。
私も定期購入という世界に足を踏み入れるべきなのかと考え、そのメーカーのサイトにアクセス。
そこの定期購入のシステムについて勉強してみると・・・到着日も届ける間隔も自由に設定できるとあり、更に到着日の15日前にメールで知らせるとなっています。
ということは、ある日15日後にクリームを届けますよとメールがある。
買い置きを調べて、不要だったらサイトにアクセスし、変更か休止の設定をする。
ただしそれは到着予定日の10日前まで。
それを過ぎたら送られてきてしまう。
つまりメールを受け取って5日の間に、在庫状況をチェックして、10日後にどうなっているかを予想して、キャンセルするならサイトにアクセスして、ぽちっとしなくてはいけない。
このぽちっとするのも難問。
1回スキップするのか、それとも届け日時を変更するのか、或いは届く間隔を変更するのかを選ばなくてはいけない。
必至に考え予想して、どれかにぽちっとしたら、今度は化粧水を15日後に届けますというメールが入るかも。
ライン使いしているので、こうしたことを9品分することに。
無理です。
ポンコツな私のことなので、恐らくある品はいくつもの在庫を抱えてしまい、ある品は在庫を切らして困ってしまうといった状態になるでしょう。
私に定期購入の壁は超えられない。

それでどうしたかって?
定期購入しなくてもポイントが溜まったり、ステージが上がったりして、お得感を得られるような化粧品を探している最中です。

野球

  • 2018年04月19日

大谷翔平選手の活躍は素晴らしいですね。
野球はほとんど見ないのですが、何度か大谷選手のインタビューを、テレビのニュース番組で見かけたことがあります。
その時感じたのは、まだ若いのにすでに一流選手の雰囲気をもっているのはなんでだ? ということ。
自分を冷静に見つめられる能力があって、謙虚で、課題にトライすることを苦痛ではなく、当然のことだと思っているような姿勢・・・そうしたものが合わさると、一流っぽい風格を漂わせるんでしょうか。

スポーツ観戦は大好きで、なんでも勝手に応援したがるのですが、何故か野球とだけは縁が薄い。
私が子どもの頃はテレビで毎晩のようにナイター中継がありました。
家に人がいる時には、テレビのスイッチは入っているものといった時代でしたので、野球は茶の間のすぐ近くにありました。
それでもなかなか興味をもてないままお年頃に。
すると突然、同世代が活躍する甲子園に熱視線を向けるように。
野球に詳しくないので、そのルックスだけで応援する選手を決めて、その高校を応援。
しかし所詮俄かファンのため、秋風が吹く頃には熱が冷めてしまう。
そしてその応援した選手がその後プロに入ったのか、それとも進学したのかといったこともわからないまま、気が付くとまた夏の甲子園の時期になっていて、慌てて自分好みのルックスの選手を探していました。
大学生になると、甲子園で活躍する選手たちが全員年下になったために、興味を失くしてしまいました。

やがて日本のプロ野球の対戦結果よりも、メジャーリーグで活躍する日本人選手の情報が耳に入ってくるように。
それはとても嬉しいニュースで、誇らしい気持ちに勝手になったりします。
大変な努力をして、苦労をしていると私が想像する、その何万倍もの大変さがあるでしょう。
そういうのをはねのけて活躍する姿を見ると、こっちまで幸せな気持ちになります。
ただ同じ日本人だというだけで、血縁関係一切ないのに「身内が頑張ってるの」といった気分になっちゃうもんですから。

オープン戦では思うような成績を上げられなかった大谷選手が、短期間で調整、修正して、見事なスタートを切ったのは凄いことです。
これを小説にしたら、編集者から「ちょっと作り過ぎで、非現実的」と指摘されちゃうぐらいの展開です。
こんな出来過ぎのストーリーは書き直しを命じられそう。
それぐらい大谷選手の物語はドラマチックに始まりました。
これから調子が悪い時や、怪我や、いろんなことがあるでしょう。
そういったことを大谷選手がどう乗り越えるのか、彼の物語の続きを見守りたいと思います。


Copyright© 2011-2018 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.