時間の使い方

  • 2020年04月16日

東京の北区にあるナショナルトレーニングセンターが、利用停止になっています。
ここは取材で1度お邪魔したことがあります。
様々な競技のトップ選手たちが練習をする拠点です。
緊急事態宣言が出されたことで、ここも利用停止となりました。
選手や関係者たちの身を守る処置なので、致し方ないのでしょう。

練習場所を奪われた選手たちが、この期間をどう過ごすかは大事ですね。
来年のオリンピックでの結果と繋がっているはずですから。
工夫をして来年に備えるしかありません。
すべての選手が試されているのだと思います。

アスリート以外の人たちもそう。
この期間をどう過ごすのかを試されています。
ずっとやりたいと思っていたけれど、時間がなくて踏み切れなかった勉強を・・・なんて、どうでしょう。
いつもは手にしないジャンルの本を読んでみるとか、長編にトライしてみるなんていうのもお勧めです。
1人の作家のデビュー作から発表順に読んでいく・・・こちらもお勧め。
シリーズもののドラマに手を出してみるのもいいですよね。
「24」を一気に観るなんて挑戦、どうでしょう。
主演のジャック・バウワーの携帯電話は、いつ充電してるんだろうなんて、本筋とは関係ないことを考えながら、ハラハラドキドキしてみてください。

私は片付けをしてみようと思い立ちました。
普段見て見ぬふりをしている、洗面所の棚と引き出しの中を総点検してみることに。
するとたくさんの洗剤だの、溶剤だの、洗浄剤だの、掃除グッズだのを発見。
いつ買ったのか記憶がないものばかり。
使った形跡がないものも多い。
恐らくここを掃除しよう。
専用の洗剤を買わねば。
よしっ、ネットショップでぽちっとしたぞ。
と、ここまでは熱い気持ちがあった。
でも大抵やる気のピークはここ。
品物が届くまで数日。
この間にやる気は徐々に下がっていく。
そしてネットショップから段ボール箱が届いても、すぐに開封しない。
時間が空いた時にするつもりで、しばらく放置してしまう。
ここでまた数日掛かる。
この間にまたやる気は下降線を辿り、開封した時にはゼロに近い状態に。
入手した溶剤の裏書きの小さな文字をルーペで読んでみるも、なんだかしちメンドー臭いことがずらずらと書いてあり、やる気は完全に消えてしまう。
取り敢えず洗面所の棚へ。
そして忘れる。
キレイさっぱり。

嫌な思いをしたことも、傷付けられた言葉も、こんな風にキレイさっぱり忘れられたらいいのに。
と思うほど、見事に忘れ去る。

結局、まったく使用していない掃除関連品は15個ありました。
処分したら棚はガラガラになり見た目もすっきり。
もう二度とこんな無駄な買い物をしないと心に誓いましたが、こういう気持ちも忘れてしまうんですよねぇ。
懲りない自分に苦笑い。

荷物の受け取り

  • 2020年04月13日

テレビのニュース番組を見ていたら、緊急事態宣言が発令された東京で、パチンコ店の前に行列が出来ているシーンが。
開店を待つ人たちの列だと聞きびっくり仰天。
自粛要請の理由と意味がわかっていない、或いはわかろうとしない人たちがこんなにいるのかと思い、とにかく驚きました。
我慢出来ませんかね?
1ヵ月ですよ。
なぜ協力しようと思わないんでしょうか。

これまでと同じ生活は出来ませんよ。
不便だし大変ですから不満だらけです。
でもこれだけ感染症が猛威を振るってしまっているのですから、それに合わせて生活を変えないと。
これまで通りの生活に早く戻りたいなら、リスクを避ける行動をしましょう。

ネットショップで買い物をしたら、受け取り方法を選べるサービスを導入したとありました。
その中でそのショップが特にお勧めしていたのが、置き配。
配達員が玄関脇に置き、インターフォンを押して距離を取る。
住人がドアを開けてその荷物を受け取るのを、配達員が離れたところから目視するという。
外国でこのような荷物の受け渡しをしているのを、見たことがあったなぁと思い出す。
いよいよ日本にも登場した模様。

しかし残念ながら我が家は集合住宅。
インターフォンは1階にあり、そこに荷物を置かれてしまっては困る。
そこで他の受け取り方法を調べてみると・・・宅配ボックスにというのがありました。
私が住むマンションには宅配ボックスがあるので、これにして貰えば、配達員と直接接しなくて済むので、多少はリスクを減らせるでしょう。
そこで受け取り方法を宅配ボックスに指定して、注文処理を済ませる。

翌日、インターフォンが鳴ったのでオートロックを解除して、配達員をマンション内に入れる。
エレベーターで私の部屋がある階まで上がって来た配達員から、品物を受け取りドアを閉める。
ここではっとする。

そういや私は昨日、宅配ボックスで受け取るにチェックマークを入れたのではなかったか。
あれ?
いつものノリで、いつものように受け取ってしまった・・・と気付く。

受け取った段ボール箱を検めてみるも、宅配ボックスへといった文字はどこにもない。
私は指定したつもりだったけれど、実は指定が出来ていなかったってこと?
首を捻りながらも仕事に戻る。
5分ほど経った頃、パソコン画面の右下に受信メールが。
それはネットショップからで「ご注文商品は、お住まいの建物内の宅配ボックスに配達しました」という報告メールでした。
なんだ、それ?
やっぱり私は宅配ボックスでの受け取りにしていたのに、配達員が間違えたってこと?
また私もうっかりして、マンション内に配達員を入れてしまい、直接受け取ってしまうミスをしたってことでしょうか。
現場の2人はミスをしたけれど、データ上は宅配ボックスに荷物を置いたことになっている・・・といったことなんでしょうね。

いかんいかん。
と、反省。
これからは指定出来る場合は、宅配ボックスに入れて貰うようにしようと心に誓う。
そしてそれを忘れないようにしなくてはと、強く思いました。

緊急事態宣言が

  • 2020年04月09日

とうとう緊急事態宣言が出ましたね。
ただ交通機関や銀行などはいつも通りのようですし、食料品や生活必需品などを扱うお店も営業してくれるようなので、ここは落ち着いて行動するべき時ですね。
物流も止まることなく通常通りと聞き、ほっとした人は多いのでは。
ネット注文をして届けて貰うというサービスを利用している人は、普段より多いはず。
これが叶うのは物流があってのこと。
物流、配送に関わる企業とスタッフたちが頑張ってくれているお陰で、私たちの生活は成り立っているというのを、改めて実感します。
そしてもはやライフラインといえるコンビニも、営業してくれるようなので心強いです。

定期的に届いていた服のネットショップからのメール。
何度か買ったことがあり「お知らせを受け取る」のチェックマークを外さなかったせいで、そこのショップからメールが送られてきていました。
そのメールの回数が先月ぐらいから増えてきました。
今月に入ると1日に何度も送られてくるように。
もう春物の特別セールだといいます。
そこに書かれている文言からは、切羽詰まっている感じが。
こんな事態なので、新しい服を買おうというマインドにはなかなか。
こうして経済は小さくなってしまうのでしょうから、買った方がいいんでしょうね。
お得なんだし。

そこでセール用の特別サイトにアクセスしてみると・・・「ソールドアウト」の文字が溢れている。
物欲が下がっていない人たちは結構いるようです。
こういういつもと同じショッピングマインド、大切です。
そしてこれも物流があってのこと。
届けてくれる人たちがいるから、買ったものを手に入れられるのです。
頑張ってくれている様々な人たちに感謝。

ソールドアウトの文字に触発されたのか、私の購買意欲が復活。
あっちこっちページを移動して、ウインドーショッピングを楽しんでいると・・・後でもう一度検討しようとしていた服に、ソールドアウトの札が付いている。
タッチの差ってやつ?
どこかの誰かに買われてしまったとわかった途端、その服が他のなによりも良かったように思えてしまう。
これによって購買意欲が激減してしまい、結局なにも買いませんでした。

不満も不安もあるでしょうが、自分が感染するリスク、また誰かを感染させるリスクを避ける行動をしましょう。
皆で協力してこの事態を早く終わらせましょう。

在宅勤務のコツ

  • 2020年04月06日

友人Aが自宅で仕事をすることになったそうです。
ところがどうもペースを上手く摑めないと言います。
アドバイスを頂戴との連絡が。
自宅兼仕事場で仕事をしている私なら、コツのようなものがあると考えたのでしょう。

残念ながらそういったコツのようなものはありません。
時間で区切るように気を付けているぐらいです。

例えば午前9時から午前11時まではプライベート、午後1時から午後3時は仕事といった具合に。

こうした時間割を決めても、仕事の時間帯にプライベートな用事が割り込んでくることは多いもの。
ポイントは午後1時から午後6時までは仕事というような、長い時間の単位でスケジュールを組まないこと。
大体1~2時間ぐらいの単位で予定を組みます。
そうした短時間単位での予定にしておいた方が、なんらかの予想外の出来事によって、思い通りにならなかった時でも、リカバリーし易いから。

予想外のことって起こるんです。
だからあんまりキッチキチのスケジュールにせず、最初っから融通を利かせ易くしておくのがキモ。

そして例え今日、予定していた通りにいかなくても気にしない。
1日単位での成果で判断するのではなく、1週間でどうだったかと考えるようにしています。
1週間で予定していた仕事がどれぐらい片付いたのか、片付かなかったのはどういう理由だったのかを考えて、反省や改善をしていきます。

そういう私は現在、買い物に結構時間を取られています。
仕事の時間を削って、プライベートの時間が増えてしまっているのです。
それは欲しいものが簡単に買えなくなってしまったから。
いつものネットショップになくてWEB上で探したり、実際に近所の店を回って歩いたりといったことに時間を取られています。

A子からは運動不足の解消法も尋ねられました。
私の運動は自宅で映画を観ながら青竹踏みを1日30分。
これだけ。
そうA子に言ったら、それは運動じゃないと一刀両断されてしまいました。
多くの方からそう言われます。
でも私にとっては丁度いい気分転換になって、どうしても必要な大切な時間。
だから毎日しっかりこの青竹踏みの予定を、スケジュールに組み込んでいます。

すべての人が与えられているのは1日に24時間。
それを自分らしく上手に使いこなしたいですね。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.